多汗症 手

手の多汗症の対処法

手の多汗症の対処法として病院で言われたのが塩化アルミニウムという薬品でした。
ただ、基本的には害のあるものなので、皮膚が炎症を起こしたりすることもあるとのこと・・・。

 

そんなの使いたくありません(泣

 

1度使ったのですが、かゆくなるし手汗は止まらないしとひどい目にあいました。
でも、手汗は止めたかったので何か治療法はないかと探していて見つけたのが小森さんという方の治療法です。

 

詳しい内容は下記の小森さんの手汗治療プログラムのサイトを見てください。

 

手の多汗症手汗治療プログラムの体験談と詳細はこちら

 

治らなきゃ全額治療マニュアル購入代金は返金してくれるということなので、よほど自信のある治療法なのでしょう。
信じてやってみることにしたわけです。

 

結果から言ってしまうと、病院に行くよりずっと効果的でした。
副作用なんてものはないしお金もかからないし、何より実際に手汗が止まっています!

 

後はこの治療を続けて完治を目指すという段階です。

 

手の多汗症の完治までの治療過程

 

この治療法は即効性のある方法で、まずは手の汗を止める緊急的な治療法というのを毎日行うことで、一時的にではありますが普段の生活で手汗を抑えることができます。

 

そうやって生活に支障のない状態を作りつつ、根本的な治療を進めていくというもので、現在3週間ほど行っていますが・・・

 

もうかなりでなくなっていて、一時的に手汗を止める緊急的な方法をやめても、ほとんど手から汗が出ません。
これは本当にうれしかったです。

 

長年悩まされた手汗から解放された気分でした。
一時的に止めるだけならば、他にもボトックス注射などという方法もありますが、お金もかかりますし副作用も怖いですしね。

 

何よりこれは根本的な完治を目指す方法ということでですから、この効果があって手汗がでなくなっているというのはうれしいです。

 

おそらくですが後1週間ほど、全期間で1か月くらいでしょうか。
これでもう治療をやめても大丈夫なのかなと思っています。

 

後は様子を見ながら考えるという状況で、メールで色々相談もできるのでそれでどうするか決めようかと思ってます。
食事やツボなんかでも汗を抑える効果があるようなので、そういったものを併用していこうかなと。

 

手の汗をどうにかしたいということなら、この小森さんの手汗治療プログラムを一度試してみてくださいな。
もし効果がなくても、全額返金してくれるので損はしませんし治療マニュアルの費用自体もすごく安いです。

 

下記サイトからならさらに特別価格で購入できるようなので、もし購入を考えているのならこちらからが良いと思います。

 

手の汗の様子手汗治療プログラムの体験談と詳細はこちら

 

 

多汗症体質の中でも手の平に非常に多く汗をかくというのは厄介です。

ボールペンを握ればすべる、マウスを長く使えば濡れて壊れる、本を読めば染みができる・・・。普段の生活に支障が出ます。これを改善するための方法というのが病院に行けば手術などということになるでしょうか。
さいたま市、横浜や千葉、川崎などの関東圏ならば見てくれるところは多くありますし、地方でも札幌市、仙台市、福岡市、神戸市、大阪。京都、名古屋等々政令指定都市ならばクリニックや病院など選べるほどあります。

 

ただ、手汗の専門となるとなかなか見つかりにくいかもしれません。しかも、手術は副作用がありその発症率は症状に差こそあれ7割以上と非常に大きなものとなっています。症状も手の汗は手術で止めても、その分他の部分から出るというもの。これでは全く意味がないような気がします。脇やら背中、おしりが手のようにぐっしょり濡れたらと思うと怖いです。

 

ということで手術は見送り、私はほかの治療法に取り組んでみました。それが手汗治療プログラム(SCM)。これがなかなか効果があり、副作用もなく続けられています。
元々副作用が出るような治療法ではないので、その点は治療のためのマニュアルを購入するときに分かっていましたけどね。マニュアルの料金も病院に何度か行く程度ですし、もし効果がなければお金を返してくれるという保証もある。これはやらねばっ!ということで試してみたところ見事に汗の量が減って、いまでは手汗は気にせず生活できています。
手の多汗症の対策、治療法を探しているということなら一度この治療法試してみてはどうでしょう。